品川神社は、商売繁盛のパワースポット

東京23区パワースポット

品川神社(しながわじんじゃ)は、東京都品川区北品川三丁目にある神社で東京十社のひとつ。 また東海七福神の一社として、大黒天を祀る。同じ地区内にある荏原神社(えばらじんじゃ)を「南の天王社」と呼ぶのに対し、品川神社は北の天王社と称される商売繁盛のパワースポットです。

品川神社の特徴やパワースポット

品川神社
文治3年(1187年)、源頼朝が安房国の洲崎神社から、海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請して祀り、品川大明神と称したのに始まる。同じ地区内にある荏原神社(えばらじんじゃ)を「南の天王社」と呼ぶのに対し、品川神社は北の天王社と称される商売繁盛のパワースポットです。
境内入り口の階段前に、門柱に龍の細工が施された石鳥居「双龍鳥居」がある。左の柱に昇り龍、右の柱に降り龍が彫刻されている。双龍鳥居は杉並区の高円寺と馬橋稲荷神社にもあり、当社のものと合わせて「東京三鳥居」ともいわれている。境内にある阿那稲荷神社の一粒萬倍の泉という霊水でお金や印鑑を洗うと、商売繁盛するという言い伝えもあるパワースポットです。
無事かえる境内にある富士塚には交通旅行安全の「無事かえる」が安置されています。(写真)

品川神社では、日本の古き良き伝統を受け継ぐ、厳かな神前結婚式も挙げることができます。

平日限定で、神社でロケ撮影が行える、和装フォトウエディングも利用できるなど提携レストランやホテルが多数あり、挙式後の会食やパーティーもお得なパックプランなどが人気のようです。

私も憧れます~~♪

所在地 品川区北品川3-7-15
電話 03-3474-5575
参拝時間 9:00~17:00
交通 京浜急行「新馬場駅」(北口) 徒歩1分
宿泊 近辺にはシティホテルなどがあります。
ホテルの検索・予約の詳細はこちらから
東京都品川区北品川3-7-15

この神社と比較されるパワースポット



ピックアップ記事

関連記事一覧