初場所速報(1月)

2020年初場所大番狂わせで20年ぶり幕尻の徳勝龍が優勝!

徳勝龍初優勝

令和2年初場所(2020年)は、2横綱途中休場の中でも、近来まれにみる盛り上がっった初場所となった。
それを演出したのは、平幕の正代、徳勝龍をはじめ、遠藤、豊山、炎鵬、北勝富士たちだ。

これまで白鵬や鶴竜が常に優勝嵐をリードしてきて、場所によっては、お白けムードの取り組みみあったが、今場所に入っては、両横綱及び豪栄道、高安ら大関陣の衰えが見えだし、幕内力士の力が均衡して、誰が優勝してもおかしくない場所になった。

特に13日目から、急に正代と徳勝龍の二人が負けずに一敗をキープして、千秋楽までを盛り上げたのが大きい。
上位陣では関脇朝乃山と大関貴景勝が踏ん張って、より相撲を面白くしてくれた。

幕尻徳勝龍が14勝1敗で初優勝するという大番狂わせといってもいい、誰もが予想していなかった力士が最期に笑った。
しかも、幕尻徳勝龍と大関貴景勝が選手楽結びの一番に組まれて、貴景勝が大関の意地で勝つと予想。
そして、2敗同士の優勝決定戦もしくは巴戦を期待していたが、見事に予想と期待を裏切った徳勝龍に大アッパレを送りたい。

徳勝龍は引退した横綱稀勢の里と同期でありながら、この優勝は大相撲ファンに感動を与えた。

徳勝龍はこれまで十両と幕内を何度も往復していた力士で、これといった目立つ成績もなかったが、何がどうなったのか?相撲の神様がとんでもないイタズラをしてくれた。

初場所を振り返る

大関貴景勝は優勝を逃して悔しかっただろう。
本当は悪くても12勝3敗で終わったかったはずだ。
というのも、彼には横綱になるという目標があっるから。
今場所12勝以上して、来場所は優勝、5月場所で12勝以上すれば晴れて横綱になれる可能性があっただけに、その野望が絶たれた14日目の正代との敗戦は涙して悔しがっていた。

大関豪栄道は力なく9回目のカド番をキープできずに5勝10敗で33場所守っていた大関を陥落した。
3月場所は10勝すれば大関復帰できるが、その可能性は厳しい。

とにかく今場所は最期まで大盛りあがりっだのに満足している。

今場所関脇に陥落した元大関高安も6勝9敗とみるも無様な相撲だった。
得意の型がないだけに、これまでのように力任せの相撲では、もう通用しなくなったことを肝に命じて、取り口を研究し、自分の強みとなる型を身に着けないと、大関復帰どころか三役定着も厳しくなる。

関脇朝乃山は、なんとか10番勝って、3月場所12勝以上すれば大関昇進の可能性も見えてきた。
もっと稽古に励めば、おのずと結果は付いてくるそんな力が付いており期待が持てる。

炎鵬は今場所勝ち越そたのは立派だが、来場所はさらに番付も上がるが、相手も研究してくるので、春場所が正念場となろう。

正代は13勝2敗は立派な成績だった。
千秋楽に見せた出足と取り口が身についてしまえば、大関候補になってもおかしくない。
去年の九州場所から急に相撲が変わったのが大きい。

関連記事

  1. 白鵬、遠藤に負ける 2020年1月場所2日目注目の5番勝負
  2. 琴奨菊 2016年初場所に琴奨菊初優勝の観戦レビュー
  3. 豪栄道 大関豪栄道が意地と誇りを抱いて引退!
  4. 照ノ富士 2020年大相撲初場所で元大関照ノ富士が十両に復帰!
  5. 両国国技館 2020年初場所、優勝争い大混戦!12日目注目の5番勝負
  6. 白鵬連敗 2020年初場所波乱の3日目注目の5番勝負
  7. 両国国技館 2020年初場所波乱の6日目注目の5番勝負
  8. 朝の山 2020年1月場所初日注目の5番勝負

他の相撲ブログを見る

PVアクセスランキング にほんブログ村

他の人の相撲ブログを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ




PAGE TOP