秋場所観戦速報(9月)

平成29年大相撲9月場所レビュー

大相撲9月場所

9月場所は、横綱白鵬、稀勢の里、鶴竜の休場に続き、2日目には大関高安、平幕の宇良がケガで休場。波乱の幕開けとなり一人横綱日馬富士も中日までに3連敗を喫するなど、優勝を争いは混迷を極めた。その中で、今場所カド番大関豪栄道が初日に敗れはしたものの、2日目から10連勝で単独トップ。しかも3差をつけるなど、このまま優勝かと思われたが、ここで精神面の弱さが出て12日目、13日目に連敗。負けるときの癖で引き技によって墓穴を掘った。

そしてついに、横綱日馬富士と千秋楽で取り組み、本割で敗れ、さらに優勝決定戦でも敗れて、優勝を逃がした。
横綱日馬富士は、面目を保ったものの、陰りは大きく、来場所以降も苦戦は続く。

低調な秋場所になるかと思われたが、若手の阿武咲、貴景勝、北勝富士などの活躍、ベテランの関脇嘉風の活躍で大いに盛り上がった。そして世代交代が近づきつつある秋場所となった。

九州場所は、横綱3人のケガも回復して、久しぶりの四横綱そろい踏みとなるだけに、若手有望力士との熱戦に期待が集まる。ケガで休場した大関高安はカド番を迎え、同じくケガで途中休場した照ノ富士は来場所は大関陥落となる。

何かを話題を集める九州場所が楽しみだ。

平成29年9月場所成績表

関連記事

  1. 稀勢の里初日黒星!
  2. 稀勢の里、苦手栃煌山に勝って初日
  3. 秋場所4日目稀勢の里辛勝!
  4. やまつばさ 秋場所3日目稀勢の里早くも2敗
  5. 全勝対決で豪栄道7連勝
  6. 稀勢の里、琴奨菊を破って勝越し
  7. 稀勢の里 秋場所6日目稀勢の里が千代大龍に負けちゃった
  8. 稀勢の里は正代を上手投げで5連勝 【大相撲秋場所】稀勢の里薄氷を踏むも初日から5連勝

他の相撲ブログを見る

PVアクセスランキング にほんブログ村

他の人の相撲ブログを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ




PAGE TOP