江戸下町庶民の鎮守さま神田大明神の特徴・見どころ

神田大明神
東京23区パワースポット

神田神社は、東京の中心に位置する神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場、108町会をまとめる総氏神様です。「明神さま」の名で親しまれており、商売繁盛。五穀豊穣を願ういる下町のパワースポットです。

神田大明神の特徴とパワースポット

神田大明神




正式名は神田神社だそうです。天平2年(730年)、武蔵国豊島郡芝崎村に入植した出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのが始まりです。その後江戸時代に徳川家康が大造成工事を始め、武蔵の国豊島郡芝崎(現在の千代田区大手門将軍塚周辺)から、江戸城の表鬼門にあたる現在の地に移転しました。以降、歴代将軍の崇拝も厚く、神田明神は江戸の鎮守様として庶民の間にも広まっていきます。

大黒様ご祭神は、「だいこく様」「えびす様」「まさかど様」を祀っており、「だいこく様」は縁結び・夫婦和合の神様。「えびす様」は、商売繁盛の神様、「まさかど様」は、厄よけの神様として多くの方が参拝に訪れているパワースポットです。
極彩色の鮮やかな神門をくぐると、気持ちのいい境内が広がり、入ってすぐ左には、見上げるほど大きな大黒様の笑顔に迎えられ、まさに招福の兆しを実感する。奥にはグリーンの屋根が印象的な本殿。神田はもと伊勢神宮の御田(おみた=神田)があった土地で、神田の鎮めのために創建され、神田ノ宮と称しています。

さて、無事に参拝が終われば屋上庭園へ。緑の中をゆっくり深呼吸すると、ここが大都会の真ん中だと忘れてしまいます。帰りは大鳥居の横にあるお茶屋さんで一服。伝統の手作りである明神甘酒で体を温めてみましょう。

神田大明神のアクセス

所在地 千代田区外神田2-16-2
電話 03-3254-0753
参拝時間 24時間OK ただし、御守り授与、祈祷は9:00~16:00
交通 中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(聖橋口)より 徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分
宿泊施設 周辺にはホテルなどたくさんあります。
ホテルの検索・予約の詳細はこちらから
東京都千代田区外神田2-16-2

この神社と比較されるパワースポット



ピックアップ記事

関連記事一覧