日本のパワースポットで有名な神社
*

御神体

ご神体(パワースポット)とは

神体(しんたい)または御神体(ごしんたい)とは、神の体のこと。

目に見えず、形もない神という存在が依り憑くものを依り代と言い、神社の祖とで地鎮祭などを行う際には、榊などお臨時の依り代とします。

ご神体より恒常的に神が依る物、一般人が直接見ることはできませんが、多くは、鏡や勾玉と考えられます。

鏡は人の心を映すと言われたり、太陽の象徴とされるなど深い意味をもちます。

また古い時代には、山や岩をご神体(パワースポット)とすることも多かったようです。

例えば「富士山」も霊峰富士といわれる御神体です。

霊峰富士

古神道における神籬・磐座としての海・川・山・森や木・岩など場の様相が変わり目立つ場所(ランドマーク)が、神域とされ神が宿るパワースポットと言われる。

または、現世(うつしよ)と常世(とこよ)の端境で神の国の入り口と考えれ、神の居るパワースポット(神体)と考えられていました。

また、自然現象として、日(お日様)・火や火山・水(雨)・風・雷なども神体として信仰し、それは現在でも息づいているのです。

霊峰富士

パワースポット関連PR