日本のパワースポットで有名な神社
*

富士山

富士山が2013年6月に世界文化遺産に登録されることがわかりました。決まれば2011年の平泉(岩手県)以来2年ぶりで、日本の世界文化遺産は計13件になります。

富士山が世界遺産に登録されるのは、日本人として、ちょっと遅かったかなと思うし、当たり前という半官びいきもありますが、何より嬉しいことです.。

富士山の由来と特徴

日本のパワースポット富士山

世界遺産候補の富士山は、日本のパワースポットとして古代より山岳信仰の対象として崇められてきました。
信仰登山が盛んに行われています。
富士山は静岡県と山梨県にまたがる標高3776mの日本最高峰の山で毎年、7月~9月上旬には夏登山、冬には雪上訓練や年始の”ご来光”を拝むための登山者が多数訪れるパワースポットです。
登山ルートや登山口も複数あり、富士山の南面を登る「富士宮口」からのルートや、20軒以上の山小屋があり、安心感の高い「河口湖口」ルート、健脚向きで登山中にご来光が拝める「御殿場口」からのルート、「砂走り」の道が下りに適している「須走口」ルートがあり、いずれの登山口も五合目までバスが出ています。

富士山は霊山としても名高く、常に万年雪をいただく美しい姿は、古くから歌や絵画などに登場しています。
富士山はパワースポットだけではなく、日本のシンボルとして、日本人だけでなく世界中の人々からも愛されてきました。
また葛飾北斎や歌川広重の浮世絵にも描かれている。その富士山の文化的景観を後世に残すため、2005年4月「富士山を世界遺産にする国民会議」が発足しました。2013年6月に正式に世界遺産に登録されることに。

山そのものがご神体でパワースポットである「富士大神」が控えているほか、平安時代には噴火を鎮める守り神として富士山本宮浅間大社が完成。
安産、水徳、家内安全、厄除け、縁結びなどのご利益があるとされる。

富士の名水を宅配している優良業者のご紹介

大自然が作ったミネラル豊富な天然水!「富士青龍水」

富士山の天然水の中でも貴重な山梨富士北麓で採水された
富士の銘水「富士の滴」といわれる富士の湧き水を飲んでパワーをつけましょう!

富士山の行事
富士河口湖周辺では四季折々の色々な行事が開催されています。
春には富士河口湖では長い冬が終わると一斉に花々が芽吹き町も活気が溢れますツツジ祭りや稚児舞など富士河口湖の夏は爽やかに、花火大会などが華やかに湖畔を彩ります。

紅葉色づく秋の富士河口湖。スポーツイベントも開催されます。
湖畔の冬は、雪と氷と光、そして毎年恒例の冬花火・湖上の舞も見ものです。

期間 行事
1月下旬~2月初旬 冬花火・湖上の舞と河口湖光のファンタジア
2月23日 富士山の日・花火大会
4月下旬~5月上旬 河口湖富士桜・ミツバツツジ祭り
4月29日 甲斐の勝山やぶさめ祭り
毎年5月17日~30日 本栖公家行列
7月中下旬~8月中旬 河口湖天上山あじさい見学
8月4日 河口湖湖上祭(富士五湖最大の花火大会)
10月下旬~11月中旬 紅葉まつり・もみじマーチ
11月第2日曜日 西湖日刊スポーツ・サイクルグランプリ
11月最終日曜日 河口湖日刊スポーツマラソン



富士山への宿泊案内と交通アクセス
【宿泊案内】インターネットから予約できます。
富士の麓、天然温泉の露天風呂と和食会席料理でくつろげる富士山中湖ホテルは、宴会場・研修室・テニスコート・グランドも完備して露天風呂[温泉]も楽しめる。

山中湖の中腹に位置し、緑に包まれた静かで気持を豊かに過ごせるのが山中湖・ホテルフジヤマです。

富士吉田駅に隣接し、車でも新宿より80分という便利な立地にあるのが富士吉田シティホテル。リゾートの拠点としてはもちろん、富士を望む環境でのビジネスにも利用できます。

この他にもこちらから富士五湖・忍野・富士吉田の宿泊施設を検索できます。

【交通案内】
▼登山口により異なる(河口湖口まで:
JR中央本線「大月駅」から富士急行「河口湖駅」下車~登山バス「富士山五合目(河口湖口五合目」下車、またはJR「新宿駅」から中央高速バス約2時間25分「富士山五合目(河口湖口五合目」下車 

▼富士宮口までJR身延線「富士宮駅」から登山バス約1時間20分「富士宮口」下車)
富士山五合目まで、レンタカーを利用するのも富士山の絶景を楽しむこともでき、窓を開けて走れば直接パワースポットを肌で感じることもできます。

パワースポット関連PR