日本の聖地:パワースポット神社へ出かけよう
*

菩薩像

「菩薩」とは、古代インド語の「ボーディサットバ」を漢字で表した「菩提薩捶(ぼだいさった)」の略。

「菩提」は悟り、「薩捶」は生けるもの、つまり「悟りを求めて生きるもの」という意味で、悟りを求めて修業しながら、苦しむ人々を救う仏とされます。菩薩は如来に次ぐ地位にあり、如来の衆生救済を補佐すると考えられています。

大乗仏教の時代になると、さまざまな如来が生まれ、多くの菩薩も誕生しました。

菩薩の代表が、「観音様」と呼ばれる観音菩薩。さまざまな姿に変化して人々を救済するため、例えば千の手で人々を救済してくれる千手観音、あらゆる方向に目を向けて救済してくれる十一面観音など、いわば観音菩薩のバリエーションである「変化観音」が誕生しました。

これら変化観音と区別するため、本来の観音菩薩を「聖観音」と呼ぶ場合もあります。

如来の左右に安置され、脇侍として信仰されることもある菩薩。
観音菩薩は、勢至菩薩(せいじぼさつ)とともに阿弥陀如来の脇侍。獅子に乗った文殊菩薩(もんじゅぼさつ)と象に乗った普賢菩薩(ふげんぼさつ)は、釈迦如来の脇侍です。

さまざまな姿に変化できる観音菩薩には、手が複数ある千手観音(せんじゅかんのん)、不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)、如意輪観音(にょいりんかんのん)、准胝観音(じゅんていかんのん)、怒りの表情をたたえる馬頭観音(ばとうかんのん)などのバリエーションがある。観音菩薩のほかには日光・月光菩薩や僧侶姿の地蔵菩薩、未来仏の弥勒菩薩(みろくぼさつ)などがあります。