日本の聖地:パワースポット神社へ出かけよう
*

仏像とは

切っても切り離せない仏像と仏教の関係
仏教は紀元前5世紀頃に生まれた釈迦によって開かれました。 釈迦は、現在のネパール国境付近にあった小国の王子として誕生し、不自由なく暮らしていましたが、この世の現実を知るうちに人生に悩み、29歳の時に出家。

6年の苦行を積んだのち、菩提樹の下で悟りを開きました。その後、人々の救済を生涯の目標としてインド各地を歴訪。

弟子たちも徐々に増えましたが、80歳の時に入滅(死去)。
釈迦の教えは、弟子たちによって語り継がれ、次第にインドに広まっていきました。

釈迦の偶像化はタブーとされ、しばらくの間仏像は作られませんでしたが、時がたつとともに釈迦の姿が刻まれるようになりました。

始めは群衆の中にいて教えを説く自然な姿に表されましたが、しだいに周囲の人々よりはるかに大きく表現されたり、真正面向きに配されるようになりました。

●仏像とは信仰の対象です
仏陀像が作られるようになったのは、紀元1世紀頃。インドの2つの地域で誕生。
いずれも出家後の釈迦の姿がモデルで、仏教での信仰の対象となりました。

●仏像とは芸術の対象です
芸術的見地から見て、美しいものはより高く評価されます。特に年代の古い仏像は、欠損がなく、制作時に近い状態で保存されているものがよいと言われる。

●仏像とは歴史を知る対象です
史料としては、各時代の人々の宗教観や信仰生活をより明らかに示すものがよいとされます。珍しい像や年代が特定できる台座なども重要な史料になっています。

写真の【天台宗】釈迦如来(座 約1.3寸極小・柘植) フィギュアは、こちらからご購入できます。